598-0021  大阪府泉佐野市日根野7087   
                                  
 携帯080-3107-3887                                     
                                      
*  駅から3分     TEL 0 72-467-1004       FAX       072-468-6212

                                                                    
町の自転車店ミヤサイクル      
                                                                                                                                  URL-http://www.miyacycle.com/  メール-hm71@miyacycle.com               
トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
キャンペーン
ネットショップ・オーナー
Welcome to My Netshop!
町の自転車店として自転車の修理、販売、買取をしてきましたが、遠方のお客様にも自転車ライフを楽しんでもらうために、このネットショップを開きました。スタートしたばかりで品ぞろえも少ないですが、少しずつ充実していきます、
よろしくお願い申し上げます。H28,2,11

 パンク修理作業手順

自転車故障のうち、一番多いのが いわゆるパンクと言ってチューブから空気が抜けて自転車に乗れないことです。最近は自転車店が少なく、またあっても遠方のため、自動車で持っていかなければならない。等々、大変不便を感じている方が増えていると思います。今までチャレンジしたがうまくいかなかった方、自転車修理に興味のある方―――――→自分で修理してみましょう!! 自転車修理は「パンクに始まりパンクに終わる」と言われています、結構、奥の深いものです.
 
空気が抜けた原因
空気が抜けた原因には下記のような原因が考えられます。まづ、
1,2の対策の後、パンク修理を行えば効率的かと思われます。


 

          原因

        対策

 

1-空気を入れてなかった→チューブ、虫ゴムはゴム製品のため長期的には自然に抜けるものです{夏場は早く1〜2か月でかなり減る」

定期的に空気を入れるー月1回以上

 

2-虫ゴムが破れている→プランジャー「右画像」を取り出して目で観察する→ゴムと金属が強く接触している肩部のゴムが破れ、金属が見える。
 

半年ごと「夏場は早く」にチェックし虫ゴムを替える、それでも空気が漏れるならばパンク修理が必要です。

3−鋭利な物(金属、ガラス、他)がタイヤ及びチューブを突き破り空気が抜けた。


パンク修理をする
 

 

4−タイヤが劣化して破れ、チューブも破れた。

タイヤ、チューブ交換

自転車店での対応が必要
 

5−外部の衝撃(特に金属、コンクリート、石の角に当たる)でチューブが破れ空気が抜ける→空気圧が低い

パンク修理をする

空気をパンパンに入れる(適正に!)
 

6−前回のパンク修理が不十分なため、同じところから空気が漏れる。

パンク修理をする

 

 

パンク修理

      手順

    手順内容

    使用道具


    注意点
     

 

A-バルブのプランジャーを外す

プランジャー押さえ丸ナットを左回転してプランジャーを取り外す。

虫ゴムが古ければ取り換えが良い
 

 

B−バルブ固定ナットを外す

六角うすナットを左回転して、取り外す。
 

指、スパナM6用(二面幅M10mm)又はペンチ
 

200円にて販売

 

C−タイヤをリムから取り外す

バルブの反対側のタイヤトリムの間に1本目のレバーをさしこみ、10Cm開け2本目レバーを差し込み、タイヤをリムから外す、全周にわたり作業をしてタイヤをリムから外す。
 

レバー2本

かなり力が必要

 

D-チューブの取り外し

バルブの反対側からチューブを取り外す

タイヤとチューブが接着している場合あり。
注意

 

E−チューブに空気を入れ、水チェックする
 

ポリバケツ(25x30x深さ10cm程)に水を入れ、チューブを浸し穴の有無を確認する、穴があれば泡が出る。
 

水、ポリバケツ

小さい穴は注意する

 

F−パンク穴周辺の前処理

水をふきサンドペーパーにてチューブ表面を荒らす
 

サンドペーパー

布でヤスリ粉を取り除く

 

G−ゴム糊を塗る

パンク周辺を指でゴムのりを塗る
 

ゴム糊

薄いほうがベター

 

H−パッチを貼る

ゴムのり乾燥後(2〜3分)パッチを貼る
 

パッチ

 

 

I−貼ったパッチを強く圧着する

指で押さえる又はハンマー等でたたく

指、ハンマー
 

 

 

J−チューブをタイヤに入れる

最初はバルブから入れていく

手指

 

 

K−タイヤをリムに入れる

バルブ周辺から、チューブがタイヤにかまないようリムに入れていく

手指

バルブを少し押さえチューブをタイヤの中に入れる
 

 

L−バルブにプランジャーを入れる

外した逆の手順でナットを締める


 

 

 

M−空気を入れる

最初は少し空気を入れ、チューブがタイヤにかんでいないか確認後空気を入れる

ポンプ

適正空気圧をいれる(ママチャリ3〜4bar,スポーツは6〜10)
 

 

完成